高度試験の午前Ⅰ試験は、以下のいずれかの条件を満たすことによって、
その後2年間、午前Ⅰ試験の免除申請が可能となります。

・条件1 : 応用情報技術者試験に合格する。
・条件2 : いずれかの高度試験に合格する。
・条件3 : いずれかの高度試験の午前Ⅰ試験で基準点以上の成績を得る。

例えば、平成26年度秋期試験に合格、または高度試験の午前Ⅰ試験で基準点以上の成績を得た場合、平成28年度秋期試験まで免除申請ができます。

menjo

免除申請の方法は?

試験申込時に免除申請を行います。

願書(インターネット申込の場合、申込時の画面)に「一部免除申請番号」欄がありますので、「合格証書番号」または「午前Ⅰ通過者番号」を記入します。

現在の氏名が、合格証書または午前Ⅰ通過者番号通知書に記載されている氏名と異なる場合、「旧氏名カタカナ」欄に合格証書または午前Ⅰ通過者番号通知書に記載されている氏名をカタカナで記入します。

午前Ⅰ免除が適用された場合、受験票①の特定事項欄に「午前Ⅰ試験免除」と印字されます。

合格証書番号、午前Ⅰ通過者番号って何?

「合格証書番号」は、合格証書に記載されている番号です。

合格証書番号

「午前Ⅰ通過者番号」は、高度試験の午前Ⅰ試験で基準点以上の成績をとった人に郵送される午前Ⅰ通過者番号通知書に記載されている番号です。

番号を忘れた&紛失した場合は、IPAのサイトで照会を行うことができます。

合格証書番号の照会 : http://www.jitec.ipa.go.jp/1_05goukaku/shinsei_00.html

午前Ⅰ通過者番号の照会 : http://www.jitec.ipa.go.jp/1_05goukaku/shinsei_02.html

注意事項

  • 免除申請対象者であっても、試験申込時に適切な申請を行わないと、午前Ⅰ免除が適用されませんので、ご注意ください。
  • 午前Ⅰ免除者は、午前Ⅰを受験できません。
  • 午前Ⅰ免除者は、午前Ⅰ試験終了後、答案用紙が回収された後に試験室に入室できます。