特定の認証局が発行した CRLに関する記述のうち,適切なものはどれか。

  • CRLには,失効したディジタル証明書に対応する秘密鍵が登録される。
  • CRLには,有効期限内のディジタル証明書のうち失効したディジタル証明書と失効した日時の対応が提示される。
  • CRLは,鍵の漏えい,破棄申請の状況をリアルタイムに反映するプロトコルである。
  • 有効期限切れで失効したディジタル証明書は,所有者が新たなディジタル証明書を取得するまでの間,CRL に登録される。
  • 解答を見る
    正解:イ

    CRLは、有効期限内に失効されたディジタル証明書のシリアル番号のリストで、証明書の有効性を検証するために使われます。

    CRL には失効された証明書のシリアル番号、CRL の発行者名、更新日、次回更新日などが記載されます。有効期限切れとなった証明書はCRLには記載されません。

  • CRLに、ディジタル証明書に対応する秘密鍵は登録されません。
  • 正しい記述です。
  • このようなプロトコルは存在しません。そもそもCRLはプロトコルではありません。
  • 有効期限切れで失効した証明書はCRLには記載されません。