ISP”A”管理下のネットワークから別のISP”B”管理下の宛先へSMTPで電子メールを送信する。
電子メール送信者がSMTP-AUTHを利用していない場合,スパムメール対策OP25Bによって遮断される電子メールはどれか。

  • ISP”A”管理下の固定IPアドレスから送信されたが,受信者の承諾を得ていない広告の電子メール
  • ISP”A”管理下の固定IPアドレスから送信されたが,送信元IPアドレスがDNSで逆引きできなかった電子メール
  • ISP”A”管理下の動的IPアドレスからISP”A”のメールサーバを経由して送信された電子メール
  • ISP”A”管理下の動的IPアドレスからISP”A”のメールサーバを経由せずに送信された電子メール
  • 解答を見る
    正解:エ

    一般的に電子メールの送信には、SMTP(25番ポート)を利用しています。

    SMTPには、ユーザー認証機能がないため、スパムメールを送信する業者(スパマー)がたくさんいます。スパマーは、ISP提供のメールサーバを経由せず、メール送信先のメールサーバに直接接続しようとします。

    そこで多くのISPでは、スパムメール対策として、OP25B(Outbound Port 25 Blocking)を導入しています。

    OP25Bとは、ISP提供のメールサーバを経由せず、外部のSMTPサーバ(25番ポート)へ直接接続しようとするパケットをブロックすることです。

    よって、正解はエです。

    ちなみに、正当な利用者が、ISP提供のメールサーバを経由せず、メール送信先のメールサーバに直接接続する場合は、ポート番号25の代わりに、サブミッションポート(587番ポート)を使用します。サブミッションポートの利用には、「SMTP AUTH」による認証が必要となるため、正当な利用者のみがメール送信を行うことができます。