情報システムの設計において, フェールソフトが講じられているのはどれか。

  • UPS装置を設置することで, 停電時に手順どおりにシステムを停止できるようにし, データを保全する。
  • UPS装置を設置することで, 停電時に手順どおりにシステムを停止できるようにし, データを保全する。
  • ハードウェアの障害時に, パフォーマンスは低下するが, 構成を縮小して運転を続けられるようにする。
  • 利用者の誤操作や誤入力を未然に防ぐことで, システムの誤操作を防止できるようにする。
  • 解答を見る
    正解:ウ

  • フォールトアボイダンスの説明。
    システムやそれを構成する装置の信頼性を上げ、故障そのものを回避しようとする設計思想。
    直訳するとフォールトは「障害」、アボイダンスは「回避」。
  • フェールセーフの説明。
    システムが故障した場合でも、常に安全に制御する設計思想。
    直訳するとフェールは「故障」、セーフは「安全」。
  • フェールソフトの説明。
    システムを完全には停止させず、故障した箇所を切り離すなどして、必要最低限の機能でシステムを稼働する設計思想。
    直訳するとフェールは「故障」、ソフトは「柔軟な」。
  • フールプルーフの説明。
    システムがよく分からない人が使っても安全な設計思想。
    直訳するとフールは「ばか」、プルーフは「耐性」。