ISP管理下の動的IPアドレスを割り当てたPCからのスパムメール送信を防止する対策OP25Bはどれか。

  • 管理下の動的IPアドレスから, 管理外のグローバルIPアドレスへのPOP通信を拒否する。
  • 管理下の動的IPアドレスから, 管理外のグローバルIPアドレスへのSMTP通信を拒否する。
  • メールサーバで, 受信メールのあて先電子メールアドレスが管理外のドメインを指す場合, 電子メールの受信を拒否する。
  • メールサーバで, スパムメール受信時に送信元の電子メールアドレスをブラックリストに登録しておき, スパムメール送信元からの電子メールの受信を拒否する。
  • 解答を見る
    正解:イ

    OP25B(Outbound Port 25 Blocking)
    ISP管理下のメールサーバを経由せず、外部のSMTPサーバ(25番ポート)へ直接接続しようとするパケットをブロックすることです。

    一般的に電子メールの送信には、SMTP(25番ポート)を利用しています。
    SMTPには、ユーザー認証機能がないため、スパムメールを送信する業者(スパマー)がたくさんいます。スパマーは、ISP管理下のメールサーバを経由せず、メール送信先のメールサーバに直接接続しようとします。そこで多くのISPでは、スパムメール対策として、OP25B(Outbound Port 25 Blocking)を導入しています。