ARPとRARPって、用語の意味が似ているので少し紛らわしいですよね。

  • ARP(Address Resolution Protocol)
    IPアドレスからMACアドレスを求めるプロトコル。アープと読む。
  • RARP(Reverse Address Resolution Protocol)
    MACアドレスからIPアドレスを求めるプロトコル。ラープと読む。

間違えないための覚え方

ARP(アープ)の発音はアから始まるので、同じくアから発音するIP(アイピー)アドレスからMACアドレスを求めるプロトコルと覚えましょう。
そして、RARP(ラープ)は、その逆!と覚えましょう。


こんな問題で役に立つ!

TCP/IPに関連するプロトコルである RARP の説明として,適切なものはどれか。(応用 H22 秋 午前 問36)

  • IPアドレスを基にMACアドレスを問い合わせるプロトコル
  • IPプロトコルのエラー通知及び情報通知のために使用されるプロトコル
  • MACアドレスを基にIPアドレスを問い合わせるプロトコル
  • ルーティング情報を交換しながら,ルーティングテーブルを動的に作成するプロトコル
  • 解答を見る
    正解:ウ