<全4問>

SC H23 秋 午前Ⅱ 問17

DNSのMXレコードで指定するものはどれか。

  • エラーが発生したときの通知先のメールアドレス
  • 送信先ドメインのメールサーバ
  • 複数のDNSサーバが動作しているときのマスタDNSサーバ
  • メーリングリストを管理しているサーバ
  • 解答を見る
    正解:イ

    DNSサーバが管理しているドメイン情報の範囲をゾーンといいます。このゾーンに含まれるデータの単位がレコードです。DNSのレコードには以下のような種類があります。

    レコード名称 役割
    SOA Start Of Authority(権限の開始)の略。DNSサーバのドメイン情報などを指定する。
    NS Name Serverの略。ドメインのDNSサーバを指定する。
    MX Mail eXchangeの略。ドメインのメールサーバを指定する。
    A Addressの略。ホストのIPアドレスを指定する。
    AAAA Quad Addressの略。IPv6に対応するため、Aレコードの4倍となる128ビットのアドレスを指定できる。



    SC H23 秋 午前Ⅱ 問18

    コンピュータとスイッチングハブの間,又は2台のスイッチングハブの間を接続する複数の物理回線を論理的に1本の回線に束ねる技術はどれか。

  • スパニングツリー
  • ブリッジ
  • マルチホーミング
  • リンクアグリゲーション
  • 解答を見る
    正解:エ



    SC H23 秋 午前Ⅱ 問19

    電源オフ時にIPアドレスを保持することができない装置が,電源オン時に自装置のMACアドレスから自装置に割り当てられているIPアドレスを知るために用いるデータリンク層のプロトコルで,ブロードキャストを利用するものはどれか。

  • ARP
  • DHCP
  • DNS
  • RARP
  • 解答を見る
    正解:エ

  • ARP(Address Resolution Protocol)は、IPアドレスからMACアドレスを求めるプロトコル。
  • DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)は、IPアドレスを自動的に割り振てるプロトコル。
  • DNS(Domain Name System)は、ホスト名とIPアドレスを対応付ける仕組み。
  • RARP(Reverse Address Resolution Protocol)は、ARPとは逆で、MACアドレスからIPアドレスを求めるプロトコル。ホストがRARPリクエストをブロードキャストし、パケットを受信したRARPサーバがMACアドレスの対となるIPアドレスをホストに返信する仕組み。


  • SC H23 秋 午前Ⅱ 問20

    TCPヘッダに含まれる情報はどれか。

  • 宛先ポート番号
  • パケット生存時間 (TTL)
  • 発信元IPアドレス
  • プロトコル番号
  • 解答を見る
    正解:ア

    宛先ポート番号はTCPヘッダ、それ以外はIPv4のIPヘッダに含まれる情報です。

    ・TCPヘッダのフォーマット
    TCPヘッダ


    ・IPv4ヘッダのフォーマット
    IPヘッダ