「試験勉強を始めたいけど、どこを重点的に勉強すれば良いのか分からない」という方は、通信講座を利用するのも1つの手だと思います。

本記事では、情報セキュリティスペシャリスト試験の通信講座をご紹介します。

情報処理試験対策ならアイテック

情報セキュリティスペシャリスト 速習コース 秋

アイテックは、情報処理試験に関する試験対策本を多く出版しているので、ご存じの方も多いと思います。

アイテックの教材は、長年のノウハウが詰まっており、毎年、試験の最新情報や出題傾向はしっかりと押さえられています。解説が詳しくて分かりやすいのも特徴です。

そんなアイテックでは、試験対策に特化した通信講座がありますので、概要をご紹介します。

  • 情報セキュリティスペシャリスト WEB標準学習コース
    各種WEB教材と書籍を併用したブレンド学習コースです。合格に必要な知識・問題が厳選されており、初学者でも分かりやすく、学習を進められます。

    午後問題の解説は、音声ガイダンス付きで、設問の解説だけでなく、問題文の読み方まで丁寧に教えてくれます。WEB学習については、アイテックのサイトでデモ体験することができますので、気になる方はぜひ体験してみてください。

    支援サービスも充実しており、学習の動機付け・学習計画・進捗管理を行うためのプランニングシートが提供され、受験者の学習をバックアップしてくれます。もちろんWEBによる学習質問受付、回答サービスもあります。

    学習の総まとめでは、アイテックオリジナルの全国統一公開模試で実力をチェックすることができます。会場受験は東京、大阪、自宅のいずれかを選択できます。

    TAC 情報セキュリティスペシャリスト 本科生・本科生プラス

    TAC 情報セキュリティスペシャリスト 本科生・本科生プラス

    情報セキュリティスペシャリスト試験の講座では、「Web通信講座」と「DVD通信講座」の2つの受講メディアが用意されています。

    配付教材はTACノウハウ満載のテキスト、問題集に加え、公開模試で本番さながらの体験をすることが可能です。さらに丁寧な添削指導サービスまで用意されていますので、午後試験の解答作成が苦手という方はオススメです。

    合格するためのカリキュラムもきちんと組まれているので、初学者の方でも基礎からしっかりと学習することができます。分からないことがあれば、メール、FAX、郵便などで質問できるのも嬉しいですね。

    TACのサイトでは、情報処理講座に関する詳しいパンフレットを無料で入手できます。興味のある方は入手してみてはいかがでしょうか。

    資格の学校TAC<情報処理技術者>各種コース開講